日焼け止めのサンケア指数の正しい見方と正しい選び方。

日焼け止めのサンケア指数の正しい見方と正しい選び方。


こんにちは(^^)

皆さんは日焼け止めどんな風に選んでますか?

有名だからとか指数が高い方がいい気がする、、、とかで選んでないでしょうか?

今日は日焼け止めのサンケア指数の見方について。

サンケア

スポンサーリンク



UV-Aとは?

UV-Aは日常生活で知らず知らずのうちに浴びている、生活紫外線です。

雲やガラスなども取りぬけてしまい、1年中浴びてしまう紫外線です。

しかも肌表面だけでなく、内部に作用して、シワやたるみの原因になります。

UV-Bとは?

UV-Bは主に肌表面に作用し、肌を赤くしたり、黒くしたりします。

レジャー日焼けはUV-Bが多いかと思います。

UV-Aよりエネルギーが強く、シミやそばかすの原因になります。

SPFとは?

SPFはUV-Bの防止効果を表す数値で、赤くなってひりひりする(サンバーン)までの時間を

どれくらい伸ばせるか?という数値なんです。

日本人の場合、何も塗らずに真夏の晴れた海辺なら、普通肌の人で約25分でサンバーンを

起こすと言われているそうです。(ちなみに色白の人で20分、色黒の人で30分だそうです。)

で、例えば25分で肌が赤くなる普通肌の人がSPF24の日焼け止めを使うとしますよね?

25分×(SPF)24=600、、、600分、、、つまり10時間です。

何も塗らなかった時よりも24倍にあたる10時間、肌が赤くなるサンバーンを防ぐことができる

という目安の数値になります。

PAとは?

+の数でUV-Aの防止効果を表したものです。
分類表示 効果の度合い
PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果

お天気によるUV量

快晴の日のUV量を100%とすると、雨の日のUV量は30%ほどになります。

しかし、曇りの日なら50%ほどはUV量があり、なんと薄曇りの日ならば、80~90%ほどのUV量に!!

日傘の色は白か黒か?

ちなみに日傘の色は黒がおススメです!白の方が黒より紫外線を吸収し、乱反射させるため

傘の下まで紫外線が届いてしまうんだとか( ゚Д゚)

白色可愛いですが、紫外線を気にするなら黒が効果的です。

スポンサーリンク



日焼け止めの選び方

UV-A、UV-B、SPF、PA、、、と説明してきましたが、皆さんお気付きでしょうか?

そうなんです!普段使いする日焼け止めにSPF50なんていらないんです!

だって10時間も太陽を浴び続けるわけじゃないですもん!!

むしろ日差しの強さが気になる時はPAを気にするべきなんです( `ー´)ノ

ちなみに、近所へのお買い物、お散歩、家事などには、SPF20くらいまでで、PA++で十分!!

長時間や一日中お外で日を浴び続ける日はSPF30以上、PA+++かPA++++といった選び方でいいかと思います。

SPF値が高いものを日常使いするのは、お肌に負担がかかると思います(´・ω・`)

そしてSPFやPAが高くても、こまめに塗りなおすのが結局1番大事だったり、、、(笑)

日焼けしたくない場合は、十分な量をムラなく伸ばす、2~3時間おきに塗りなおす

なんていう、地味で当たり前のことが重要なのかなと思います。

私も日常使いはパックスナチュロンで、SPF15PA++です。

パックスナチュロン日焼け止め

パックスナチュロンのUVクリームは石鹸乳化のシンプルな日焼け止め!

ナチュラグラッセのUVシフォンパウダーは、SPF20PA++です。

ナチュラグラッセUVパウダー

ナチュラグラッセのUVシフォンパウダーでさらつや美肌になる!

ちなみに、このサンケアの知識は以前に勉強の為に購入した、

「コスメの教科書」をきっかけに知りました!!

コスメの教科書

 

コスメの教科書を購入してみました!!

SPF値の見方とか詳しくは知らなかったですし、、、なんとなく、レジャーならSPF50で

日常なら20~30くらいかなって感じで、PAもそこまでは気にしてなかったです(-“-)

UV-Aの方が普段気を付けないといけないな~なんて思わされたり!

どんどん紫外線が強くなってくるこの季節、皆さんも肌のこと大事にしつつ、正しい日焼け止めを選んでいきましょう♪

 

ママでもキレイでいたいのだ!ということで

頑張っていきましょー(^O^)/

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です