室内遊び場ボーネルンド キドキドは料金が高い!?行ってみてわかったこと・良かったこと

室内遊び場ボーネルンド キドキドは料金が高い!?行ってみてわかったこと・良かったこと


こんにちは(^^)

今日は、室内遊び場ボーネルンド キドキドは料金が高い!?行ってみてわかったこと・良かったことについてです。

大型遊具
今までもいくつか室内遊び場に行ったのですが、キドキドは初めてでした!!

暖かくなってきたと思っていたら、梅雨。梅雨明けしてみれば、今度は暑すぎて、長時間公園はつらい時期に。

そんな時には、快適に楽しく遊べる室内遊び場も検討してみてください(^^)

スポンサーリンク


キドキドとは?

キドキドは、生後6ヶ月から12歳を対象とした室内遊び場です。

全国22箇所にあり、頭を使うようなパズルやブロックを始め、大型遊具などの身体を使って遊ぶ遊びまで

こころ・頭・からだの全部を使った幅広いあそび体験することができます。

遊びのプロである”プレイリーダー”さんがいて、親子での遊び方も伝授してくれるのも特徴です。

キドキドは環境デザイン、遊び道具、運営まですべてボーネルンドプロデュースとなっています。

興味のある方は、ボーネルンド キドキドのHPを見てみてくださいね。

実際にキドキドの店舗で遊んでみました!

キドキドは、「ベビーガーデン」「ディスカバリータウン」「アクティブオーシャン」という

3つのゾーンで構成されたあそび場になっています。きちっと場所が分けられているわけではないので、

息子もその辺を、車でブイブイ言わせてました(笑)

車

ベビーガーデン

ベビーガーデンは、6ヶ月〜18ヶ月までの赤ちゃん専用ゾーンになっています。

(赤ちゃんも保護者と一緒に他のゾーンで遊ぶことも可能です)

押し車で歩いたり、

押し車
音の出るおもちゃや、楽器で遊んだり

楽器
ハイハイでも楽しめるようになっていたり、

はいはい
他にも、大きなブロックやボールプール、お人形や、ボーネルンドのおもちゃなどが置いてありました。

ベビーガーデン
床も柔らかい作りなので、ハイハイも、コケてしまっても大丈夫。

キドキド
ベビーガーデンにもプレイリーダーさんが声をかけに来てくれて、お話したり、遊びの提案をしてくれたりします。

あとは、子供がなめてしまったものは、専用のBOXがあるのでそこにいれておくと、

プレイリーダーさんが消毒してくれるので、衛生面も安心。

ディスカバリータウン

ディスカバリータウンは、五感を使って、考えたり、創り出したり、想像したり、たくさんの遊びを体験できます。

娘の大好きなおままごともあるので、ごっこ遊びを。娘は、衣装を着れたりするのも嬉しかったみたいです(*^^*)

ままごと
他にもマグネットウォールで、自分で形をつくってみたり、組み立て遊びもたくさん体験しました。

遊び
キドキド組み立て
組み立て
他には、魚釣りのコーナーや大工さんコーナー、玉転がしや、お絵かきや絵の具のコーナーなどもありました。

お絵かき
絵の具

アクティブオーシャン

アクティブオーシャンは、世界の運動遊具を体験でき、全身を使って遊べるエリア。

こんな大きな大型遊具もあって、

大型遊具
娘は少し怖がりさんなので、1回しか上まで登らなかったけど(笑)

身体を動かすのが好きな子には楽しいと思います。

娘は下の小さなカラフルなジャングルジムで遊んでました。

ジャングルジム
変わった遊具だと、大型のブランコもありました。なんと250キロまで耐えられるそう!

ブランコ
少し難易度高めの回転遊具もあって、プレイリーダーさんに遊び方を教えてもらったりしながら、、、

小さい子はこれにしがみついて、ゆっくり回してもらったり、お母さんと一緒にまたがったりして回してもらってました。

遊具
プレイリーダーさんは、この回転遊具を回転させながら、遊具の上に乗ってスタスタ歩いて回転させてました!

最近よく見かけるサイバーホイールやエアトラックもありましたよ。

サイバーホイール

ファクトリー・ラボ

あとは、子供が夢中になっていたのが、水遊びのコーナー。

水遊び
みんな夢中になって遊んでました。子供って水遊び好きですよね〜(^o^)

水遊び
水遊びの時は、濡れたら簡易的ですが、決まった場所でお着替え。

着替え

その他のコーナー

少し大きめのお兄ちゃんお姉ちゃんが夢中になっていたのが、ウォールクライミング。

ウォール
ボルダリングみたいに登ったり、他に傾斜のある壁を走って登ったり、滑り台のように滑ったり、駆け下りたり。

プレイリーダーさんの真似をして、楽しそうに遊んでました。

スポンサーリンク


キドキドの良いところ

1、天候に関係なく、思いっきり遊べる

雨の日にも、暑すぎる夏も、寒すぎる冬も、子供が目一杯に遊べます。

2、静の遊びと、動の遊び両方が体験できる

頭を使って考えたり想像したりといった遊び方と、身体を動かす遊びの両方が体験できるので、

椅子に座って集中して遊ぶようなタイプの子も、じっとしてるのが苦手というようなタイプの子と、

どちらのお子さんも楽しむことができます。

ずっと身体を動かすだけでなく、頭をつかう遊びの間は少し身体を休ませて、また身体を動かしてと

少し長めに遊び場にいることが可能な気がします。

3、プレイリーダーがいる

特色の一つである、遊びのプロであるプレイリーダーさんがいることで、遊びの幅が広がりますし

話しかけてくださったり、安全管理面や衛生面など、目を配ってくださることは、安心に繋がります。

4、子供と動きやすいように設備が整っていること

子供用のお手洗いの他、授乳室もありました。

設備
荷物に関しては、入ったところにロッカーがあるのでそこに入れておけます。

子供がいると荷物が増えちゃいますが、いちいち持ち運ばなくていいので楽ちん。

ロッカー
飲食に関しては、食べ物はNG。アメやガムも駄目です。

飲み物は決まったレストスペースでのみOKです。自動販売機もありました。

レストスペース
レストスペース2
子供椅子もありましたよ(^^)

椅子

キドキドの気になるところは、ずばり料金!!

こういった室内遊び場で気になるのは料金。そう、室内遊び場って結構高いんですよね、、、(^_^;)

大人1人+子供1人の1日フリーパスは1,700円。何度でも入退場できます。

時間制だと、子供(0〜12歳)の最初の30分が一般で500円。会員価格で600円。以降10分毎に100円。

大人は500円で延長料金はかかりません。90分以上遊ぶ場合は1日フリーパスの方がお得になります。

仮に1時間だけなら子供900円+大人が500円で、1400円ということになります。

子供がもっと遊びたいと言い出したら、親はヒヤヒヤするわけですが(´・ω・`)

これを高いと思うかどうかってことですが、親子ペアの1組が1日中遊ぶのに1,700円は許容範囲。

ただ、大人2人子供2人となるとフリーパスで1,700円×2で3,400円

大人1人につき子供2人になると、子供の人数分のフリーパスが必要なのでなんと大人2人子供2人と同じ値段の3,400円

大人1人いなくても一緒なんです。まあ遊ぶのは子供なのでね。

ちなみに、大人1人につき、3人まで子供が一緒に入れます。

でもそうなると+1,700円が更に必要なので5,100円ということに。これはすごい出費(^_^;)

逆に大人2人に対して子供1人の場合はどうなるのかというと、まず大人1人子供1人分のフリーパス1,700円。

そこに大人1人分の施設使用料が500円で2,200円ということになります。

※1日フリーパスおよび平日フリーパスは、販売枚数に限りがあったり、

土・日・祝祭日以外に販売しない時期もあるので、注意が必要です。

つまり、高いかどうかって話ですが、どれだけ長時間遊ぶのかとか、大人と子供の人数によるわけです

最後に

キドキドに行ってみて、とにかく子どもたちが嬉しそうで楽しそうで、連れて行ってよかったな〜と思いました。

1日中目一杯遊んでもらえるのって、子供は嬉しいですよね、きっと(^^)

たくさんの種類の遊びや、その遊び方を体験することで、「あ〜こんなこともできるようになったんだな」とか、

「こんなことに興味があるのかもしれないな」とか「お友だちと上手に遊ぶことができるようになったな」とか、

たくさんの発見があって、それも連れて行って良かったなと思いました。

全国にあるボーネルンドは、基本的なコンセプトや大型の遊具に関しては共通しているものが多いそうですが

それぞれの店舗で特色があるそうなので、他のところも行ってみたいなと思いつつ。

少しお高く感じる料金だったりしますが、子供に普段の生活とは違う刺激があるのは、行ってみてわかりました。

一度行ってみる価値はあると私は思いました!!

 

ママでもキレイでいたいのだ!!ということで

頑張っていきましょー(^o^)/

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です