石鹸オフをはじめて1ヶ月!石鹸オフのやり方や効果は?肌荒れは?肌はきれいになるのか

石鹸オフをはじめて1ヶ月!石鹸オフのやり方や効果は?肌荒れは?肌はきれいになるのか


スポンサーリンク

こんにちは(^^)

今日は石鹸オフをはじめて1ヶ月!石鹸オフのやり方や効果は?肌荒れは?肌はきれいになるのかについてです。

石鹸オフMIMC
今日は、年末年始から始めた石鹸オフについて書こうと思います。

今まで、石鹸オフができるオーガニックコスメをたくさん選んで使ってきました。

そしてクレンジングも洗浄力が強くなくて、肌に負担のかかりにくいオーガニックのミルクタイプを

多く使ってきました。オーガニックのスキンケやメイクを使い始めてから約10年。

少しずつ少しずつアイテムをオーガニックに切り替えたり、新しく進化して発売される商品を使ってきました。

そんな私ですが、今まで”石鹸オフ”はしたことがなかったのです。

そう、いわゆる”クレンジング”を使っていて、石鹸でメイクをオフはしたことがなかったんです。

なぜ石鹸オフをやってみようと思ったのか

しかし、去年くらいに石鹸オフの書籍を読んでやってみたいな〜と興味が出始めました。

クレンジングをやめたら肌がきれいになった
肌がきれいになる
特に、クレンジングをやめたら肌がきれいになった の書籍には、

なぜクレンジングではなくて洗顔石鹸でのメイクオフを勧めるのかが書かれていて

洗顔石鹸の中でもどんな石鹸がおすすめなのかが書かれていました。

それを読んで、せっかく石鹸でオフできるメイクアイテムを持っているんだから

石鹸オフにしたら肌がきれいになるか試してみよう!と思いました。

クレンジングと洗顔石鹸の違いとは

それはずばり!界面活性剤の肌への作用の仕方かなと思います。

これには石鹸がどのようにして作られていて、どのような性質を持っているのかという説明が必要なのですが

石鹸は、天然の油脂にアルカリ性の苛性ソーダを加えて反応させ、枠に入れて固めたものです。

(石鹸の種類に関しては後ほど説明します)

油脂がアルカリに反応すると自然と界面活性剤ができ、この界面活性剤が汚れを落としてくれます

アルカリによる洗浄力は汚れ落ちはいいですが、肌への負担はマイルド。

肌は一時的にアルカリになるのですが、すぐに弱酸性に戻ります。


スポンサーリンク



石鹸の種類

洗顔石鹸はなんでもいいわけではありません。

洗顔石鹸には、機械練り製法で作られるものと、枠練り製法で作られるものとがあります

さらに枠練り製法の中でも熱を加えずに作る”コールドプロセス製法’

熱を加えて作る”ホットプロセス製法”があります。

機械練り製法

石鹸素地に香料、着色料、美容成分などを加えて一気に機械で練り上げ、急速冷却して成形、そして乾燥。

・メリット→大量生産できるので価格がリーズナブル、均一な仕上がり、泡立ちがいい。

・デメリット→洗い上がりが乾燥しやすい、美容効果はあまり期待できない。

牛乳石鹸などがこれにあたります。

 

枠練り製法 コールドプロセス製法

石けん素地にオイルやエキスなどの美容成分を加えて、枠に流して固めたもの。

メリット→美容成分が30〜40%配合できる、油脂が酸化しにくく成分の特性が生きる。洗い上がりが乾燥しにくい。

デメリット→水で溶けやすい、手間がかかり価格が高くなる

MIMCオメガフレッシュモイストソープ、ガミラシークレット、レミオ アルガンクレイ石鹸、アムリターラなどがこれにあたります。

 

枠練り製法 ホットプロセス製法

油脂を高温で加熱して石けん素地を作り、オイルやエキスなどの美容成分を加え、枠に流して固め、成形・乾燥させたもの。

メリット→泡立ちがよい、水に溶けにくい、美容成分がたっぷり。

デメリット→熱に弱い成分の効果が生かされない、手間がかかり価格が高くなる。

知っている製品の中では思い当たるものがなかったです。

 

洗顔石鹸といっても、製法や美容成分によって大きく差があるのです。

ひとくくりに”洗顔石鹸”としてしまわずに、製法や成分のチェックをしてみましょう。

 

石鹸オフをしてみた 約1ヶ月の間のお肌の変化はあったのか

とりあえずやってみたくなった私は、MIMCの洗顔石鹸を購入。

「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」の著書はMIMCの創設者”北島 寿さん といことで

その説を提唱しているブランドのものを使いたくなったのと

MIMCのものづくりが徹底していてブランドとして好きなので選びました。

 

私の場合は、石鹸を2等分に切り分けてから使い始めました。

なぜなら、書籍内でも石鹸、特にMIMCの石鹸を作っているコールドプレス製法のものは

水に溶けやすいと書いていたので、切り分けてから使い始めたのですが、これはおすすめ。

私みたいに石鹸オフ始める方にはぜひともカットして使っていただきたい。

MIMCソープ
残りの半分はこんな感じで入っていたビニールに戻して保管してます。

そしてお風呂上がりの際は、ぜひお風呂場内から持って上がり、洗面所とかに持ってあがるのがおすすめ。

私はそうしていますが、このおかげなのか、溶けやすいと思ったこともないですし、乾くのも早いです。

(無印良品さんの発泡ウレタン石けん置きおすすめです。)

 

そして私は泡立てのネットを使って泡立てているのですが、泡立てネットの使用もおすすめです。

時短になると思いますし、ふわふわもこもこの泡が作りやすいです

泡で洗うときにはゴシゴシこすらずに、泡と自分の指の間にヴェールみたいなものがあるイメージで。

最後の方にアイメイクを落とします。(1番メイクしている部分なので、最後に泡となじませて流してます)

目元と小鼻は薬指等で軽く触れて洗顔し、ぬるま湯で流すと、、、

すっきり、さっぱり!!!普段しっとり派のミルククレンジングのタイプを使っているので

最初は乾燥するのではと心配するくらいでしたが、なんだかすっきり清々しい気分でした。

目元のアイシャドウやアイライナー等もしっかり取れていました。

これがこれがアルカリによる洗浄力と活性剤かぁという感じで結構メイクがしっかり落ちることに驚き。

私は、肌が乾燥してピキピキするとかつっぱるとかはなかったです。

 

が、しかし!!ここで1ヶ月の間のお肌の変化についてお話します。

結論から言うと、劇的に肌が良くなったりはしなかった。そして肌荒れしました(;_;)

私の場合ですが、最初の2週間くらいは問題なく肌の調子も良かったのですが

ある日突然毛穴トラブルが出てしまいました。少し赤みのあるようなポツポツが頬に出てきてしまい

毛穴もちょっと開いていると言うか乱れているというか、、、。

私は、1〜2日落ち着くまではアムリターラのクレンジングに戻して

アムリターラの化粧水と、ヴェレダのモイスチャークリームに切り替えました。

お守りスキンケアというか自分のお肌に合うものを見つけておくって大事だなと。

実は石鹸オフを始めてから2週間の間は化粧水とバームでの保湿に切り替えていたんです。

(それが推奨だったので、試してみました)

とりあえず少し肌が落ち着いてから、洗顔石鹸での石鹸オフに戻して

スキンケアは化粧水とモイスチャークリームにして、様子を見ているところです。

 

お肌が荒れたのは、使ったアイテムのせいか、変えたスキンケアのせいか、

それとも私の肌のホメオスタシス(恒常性)によるものかもしれないし、わからないので様子見です。

(ホメオスタシスは生体が変化を拒み、一定の状態を維持しようとする働きのことです。)

スキンケア変えたりすると、ホメオスタシスの影響が出たり、または好転反応という可能性もありますし、

こういうのは何が原因かははっきりしなかったりしますよね。

(この辺気になる方はググってみてください)

 

私の思う石鹸オフメイクのメリットとデメリット

メリット

・コスパがいい

私は2等分にカットしてから使い始めたということを先程書いたのですが、

なんと1ヶ月ほど夜のみ使用して、まだカットして使っている最初の方を使っていて、まだ無くなりそうにないです。

MIMCのオメガフレッシュモイストソープを購入する際には、石鹸にしては少しお値段がする印象でしたが

2,800円+税が3ヶ月使えたら、クレンジングが1ヶ月で1,000円。

これにはとてもびっくりしました。コスパ良すぎです!

・サスティナブル

水で薄まると活性作用を失う性質を持つので環境にも優しい

そして固形の石鹸はプラスチック等の入れ物に入っていない、詰替え等のプラゴミも出ないという点において

サスティナブルと言えるかと思います。

ちなみにMIMCのオメガフレッシュモイストソープに関して言えば、

箱を開けたらプラスチックの包装になってました。うすーくコンパクトに。

石鹸オフ
でも、ボトルに入ってるようなものと比べるとゴミはだいぶ少ないと思います。

 

デメリット

・泡立てが面倒になる時もある

ポンプを押せば出てくるようなすぐ使えるクレンジング等と比べると泡立てが面倒になることも、、、。

すぐにお肌にのせられる手軽さと違い泡立ててからしか洗顔できないので、ここは個人差がありそうです。

・毛穴や肌荒れトラブルになることがある

先程の私のお話読んでいただけたら、わかっていただけたかと思うのですが、肌荒れすることもあります。

そこは使ってみないとわからないですね。

 

石鹸オフ1ヶ月してみて思ったこと

最初の方にクレンジングと洗顔石鹸の違いについて書きましたが、ここでちょっと思うことを。

まず洗顔石鹸は、自然にできる界面活性剤の作用でメイクを落とすというようなことを書いたのですが

この洗顔石鹸での石鹸オフ=お肌に優しいみたいな考え方は

これは、普通に世間一般で言われる”クレンジング”というものは合成の界面活性剤が使われていて

その合成の界面活性剤でのクレンジングだと汚れや皮脂・バリア機能などを落としすぎてしまうので

石鹸オフは合成の界面活性剤が入っていなくて肌に優しい、みたいなイメージなのかなと。

そしてダブル洗顔している方は、クレンジング+洗顔をしていると思うので

洗顔石鹸のみで落ちると聞くと、石鹸オフは肌への負担が優しいってことになりうると思うのですが、、、、

 

しかし私が洗顔石鹸で石鹸のオフを始めるまでは、アムリターラのクレンジングを使っていました。



アムリターラの洗顔はレシチンで乳化していて、合成の界面活性剤は入っていないんです。

そして、ダブル洗顔不要。私も実際ダブル洗顔していませんでした。更に美容成分も豊富。

 

つまり、石鹸オフはお肌に優しい、お肌に負担がかからないという情報だけにとらわれないように

実際に石鹸オフはアルカリに弱い方や敏感肌の方には向かないこともあるようですし、

どういったメイク用品を使っていて、どのような肌質で、どんなクレンジングがあうかは

各々変わるものだと思います。もちろん今まで合成の界面活性剤のクレンジングを使って

更に洗顔もしていたというような方にとっては、洗顔石鹸のみで落とすのは肌に負担がかかりにくい

と言えるかもしれませんが、私みたいにアムリターラやマルティナのような合成の界面活性剤を

避けてきている人から見るとどんな差があるかは定かではない気がします。

かといって、洗顔石鹸でのメイクオフをしてみたら、肌が荒れたとか乾燥するって言う方の中には

機械練りの製法で作られた石鹸を使っていたり、油分の強い石鹸オフできるものじゃない

メイク用品を使っていて荒れている人もいるので、事前に知って、選択するという行為は重要なわけです。

 

最後は自分で合うものをじっくり探していくしかない。結局は知識を得て選ぶのは自分。

これだけ石鹸オフについて長々語って、合う人もいれば、合わない人もいる

結論は結局そんなものなんです

私ももはや自分の肌で実験してるみたいなものです。

私はまだ残りの石鹸があと2ヶ月くらいもちそうなので(笑)それを使い切った4月頃に

お肌の変化なども含めて、またこの記事の続編書きたいと思います!

 

ママでもきれいでいたいのだ!ということで

頑張っていきましょー(^o^)/

 
 

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です