【コスメキッチンIGTV】マルティナオーガニックのクレンジング、化粧水、乳液、クリーム

【コスメキッチンIGTV】マルティナオーガニックのクレンジング、化粧水、乳液、クリーム


スポンサーリンク

こんにちは(^^)

今日は、【コスメキッチンIGTV】マルティナオーガニックのクレンジング、化粧水、乳液、クリームについてです。

マルティナIGTV
今日はコスメキッチンIGTVのマルティナの動画をまとめてみました。

マルティナのIGTVは興味がある方が増えてきているようで、複数本ありまして

今回は7本のインスタライブの内容をまとめてみました。

まとめるにしても内容がかなりボリューミーになってしまったので

今回は前半と後半の2回にわけて、お届けしたいと思います。

前半では5つのスキンケアのシリーズ、基本アイテムのお話をされていた分をまとめて、

後半ではスペシャルケアやパーツ、ポイントケアのお話をまとめます。

お時間がある、元のIGTVが見たい方は見てみてください。

(動画は1本につき約60分になっています。もう少し長いものもありますが、、、)

時間がないという方はぜひ、このブログを読みすすめて見てくださいね。


スポンサーリンク


マルティナってどんなブランド

マルティナオーガニックコスメティックは、1986年にドイツで設立。

現在はドイツの修道院で製造されています。

マルティナを設立したマルティナ・ゲブハルトさんは3歳の時に犬に咬まれてできた左頬の傷跡が

16歳になっても消えず、ホームドクターに相談したところ、

ハーブにウールワックスを調合したクリームを奨められつけ始めました。

するとなんと半年でニキビが消え、3歳の時の傷跡が3〜4年で消えたそうです。

この体験がきっかけで肌と薬草、自然療法を研究し、マルティナがうまれました。

マルティナの製品はバイオダイナミック農法(天体の動きも取り入れ生命力を取り込む)で育てられた植物や

天然成分100%のもののみを使用し、全製品がデメターの認証を取得しています。

理念は、”植物の力をいかして自らの力で肌自身の再生力を呼び起こす”。

マルティナが目指すのはクレンジング1本でお手入れが済むお肌。

 

マルティナの商品ラインナップ

マルティナは全部で5つのスキンケアシリーズとスペシャルケアの商品があります。

5つのスキンケアシリーズは、ローズ、シアーナ、ジンセナ、ハッピーエイジ、サルビアがあり、

季節やご自身の肌質で選びます。

マルティナシリーズ
出典:マルティナ

 

マルティナ クレンジングの特徴

マルティナのクレンジングは、落とすだけでなくお肌に潤いを与えてくれます

水分や油分のバランスを整える美肌のための処方となっています。

スキンコンディションの70%がクレンジングで決まると言われていて、

クレンジングだけでスキンケア効果のあるマルティナは

エステティシャンやセラピストからも愛されるブランド。

植物由来の乳化作用を利用し、石油由来の合成界面活性剤不使用。

オリーブオイルがベースとなっているので刺激を感じにくい。

 

マルティナ クレンジングの使い方

1、5〜6プッシュを手にとり、マッサージするようにくるくるとなじませる

この時、必ず乾いた顔、乾いた手で使用する。(朝のミルク洗顔なら2プッシュほどでOK)

そして肌が敏感や乾燥になっている時はさらに多めにクレンジングをとり、肌への摩擦を極力減らす

2、深呼吸しながら、5分間程(もう少し短くても大丈夫だそうです)やさしくマッサージをして

指がすべらなくなってきたら、ぬるま湯で洗い流す。ダブル洗顔はしなくて大丈夫です。

 

マルティナ クレンジング各シリーズの特徴

ローズ



出典:コスメキッチン
内容量:150ml

価格:4,400円(税込)

初めてマルティナを使う人、乾燥肌の方におすすめ。シリーズの中で1番人気。

バイオダイナミック農法で育てているバラの香りがとても良い。

乾燥からくる肌の赤みやほてりを沈めてくれる

毛穴の汚れや小鼻の汚れにも良い。

水分と油分のバランスを取ってくれて、足りないものを補ってくれる

ダマスクバラのエキスがキメを整え、ハイビスカスのエキスが肌を明るくしてくれる。

 

シアーナ



出典:コスメキッチン
内容量:150ml

価格:4,180円(税込)

精油やエタノールが配合されていないので、敏感肌の方、化学物質アレルギーの方におすすめ

その他に、季節の変わり目、生理前、妊娠初期、過度なストレス、花粉の時期など

肌がいつもより過敏になってしまう時のみ集中して使うという使い方もおすすめ

基本的には一時的に使い、肌が落ち着いたら別のシリーズを使うなどして卒業をする。

ダマスクローズ、シアバターがベース。シアバターはオレイン酸が多く、肌に馴染みやすい。

 

ジンセナ



出典:コスメキッチン
内容量:150ml

価格:4,950円(税込)

オタネニンジンのドイツ語。エイジングのスタートにおすすめ

加齢・紫外線などのダメージによるターンオーバーの乱れが気になる方に。

また、循環を良くするのでくすみやくまに良く、ハリツヤに効果的

ジンセナのシリーズは即効性が高いので効果実感がしやすい。

ダマスクローズ、メリッサなどのすっきりした香り。

 

ハッピーエイジ



出典:コスメキッチン
内容量:150ml

価格:5,500円(税込)

キー成分はキャッツクロー。デトックスをさせるような成分がベースに多く含まれる。

30代後半以降の加齢や肌疲れを感じる方におすすめ。油分が多めで1番しっとり。

ケミカルハイダメージの方向け(肌表面にたまっている不純物や肌の中の老廃物をデトックス)。

プロポリス入りで代謝力を上げてくれる。バニラとイランイランの香り。

グレープシードオイル配合で抗酸化、ニンジンコンエキスはビタミンAでアンチエイジングの最高峰と言われる。

 

サルビア



出典:コスメキッチン
内容量:150ml

価格:4,180円(税込)

キー成分がセージで肌の引き締めや鎮静効果が期待できる

肌の水分と油分を調整してくれるのでオイリー肌や混合肌の人にも使いやすく、

夏の皮脂分泌量が増える時期におすすめ。デトックスを促してくれるハーブが配合。

月のみちかけにあわせてデトックスを促したい新月などに効率よく採りいれることで肌の透明感が増す。

 

 

マルティナ フェイシャルローションの特徴

マルティナの化粧水は、”tonic”の表記になっています。ミストスプレータイプです。

マルティナの化粧水はさらっとしたテクスチャーで、次のスキンケアの為に「整える」ためのもの。

pH値を整えるためでありクレンジングで十分保湿されると考えられているので、

マルティナの化粧水はノングリセリン処方です。

グリセリンを入れることで乳液やクリームが入りにくくなってしまう場合があるので

ノングリセリンにすることで次の乳液やクリームは肌にぐっと入りやすくなっています

クレンジングと化粧水は一緒に使う体で開発されているので、ライン使いがおすすめ。

マルティナをつかってベタつく、白ニキビができやすいという方の中には

グリセリンなどが入った別ブランドの化粧水を一緒につかっている場合があるので注意。

 

マルティナ フェイシャルローションの使い方

5~6プッシュ程度を直接肌に吹きかけるか、手に取り顔全体に馴染ませる。

肌状態を見て重ねつけしても良い。

注意点としては、底の部分に良い成分が沈殿するので、使う前に必ずボトルを軽く振ってから使うこと

 

マルティナフェイシャルローション各シリーズの特徴

 

 

ローズ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:3,300円(税込)

ローズヒップエキスで肌をさらに引き締める。

 

シアーナ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:3,300円(税込)

エタノールや精油なしで敏感肌向け。

セイヨウニワトコエキスを防腐剤として入れている。

 

ジンセナ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:4,070円(税込)

化粧水にのみハマメリスを配合。大人の毛穴の引き締め。

更年期や生理のゆらぎ肌、お肌の疲れが取れないなど(20代後半〜30代)におすすめ。

 

ハッピーエイジ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:4,400円(税込)

キャッツクローやグレープの果実エキスで抗酸化やアンチエイジングに。

ネロリの高貴な香り。

 

サルビア



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:3,300円(税込)

セージが毛穴の引き締め、炎症を抑えて、皮脂コントロール。肌を整えてくれる。

 

マルティナ モイスチャーミルクの特徴

ちょっと表記が混乱するのですが、マルティナの乳液は表記が”lotion”です。

化粧水は”tonic”なので、ご注意ください

マルティナの乳液は水分を優先的に入れる作りになっています。

肌の表面から奥まで水分を行き渡らせ、次のクリームが入りやすいような柔らかなお肌に整えてくれます。

ベースは、オリーブオイルやアーモンドオイル、シア脂、カカオ脂

オリーブオイルは皮脂に近く、アレルギー等がでにくく、刺激が少ない。

メイク下地にもおすすめ。

 

マルティナ モイスチャーミルクの使い方

マルティナの化粧水でお肌を整えた後、2〜3プッシュを手に取り肌になじませます。

 

マルティナ クリームの特徴

マルティナのクリームの最大の特徴といえば、”天然のラノリン”が配合されていること。

マルティナのクリームで使用されるラノリンとはウールワックス(羊の脂)のことで、

羊毛に付着している脂肪質のことなので、羊を殺生したりはしていません。

マルティナで使用されるラノリンはパタゴニアの動物福祉事業から認定されたものを使用しています。

ラノリンは人の皮脂構造に近く、2倍の水分を抱え込むことができると言われている。

 

マルティナ クリームの使い方

化粧水、モイスチャークリームの後に、パール1〜3個大程度を肌になじませます。

季節や肌状態によって、量を調節すると良い。

 

マルティナ モイスチャーミルクとクリーム各シリーズの特徴

 

ローズ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:4,400円(税込)



出典:コスメキッチン
内容量:50ml

価格:4,950円(税込)

乾燥肌の方向け。ローズヒップ、アボカドオイル配合。

ローズの後にジンセナのシリーズを使うと良い。

 

シアーナ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:4,400円(税込)



出典:コスメキッチン
内容量:50ml

価格:4,400円(税込)

とても敏感肌の方向け。ほのかなローズの香り。

クリームにはカルナウバロウという天然のロウが入っている。

肌の赤み、ほてり等が落ち着いたら卒業して他のシリーズを使う。

 

 

ジンセナ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:5,500円(税込)



出典:コスメキッチン
内容量:50ml

価格:5,500円(税込)

吹き出物、生理前後のゆらぎ肌におすすめ。

クリームにオタネニンジン根エキス、プロポリスエキスが入っていて、ニキビや肌のざらつきに効く。

 

ハッピーエイジ



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:7,150円(税込)



出典:コスメキッチン
内容量:50ml

価格:7,150円(税込)

キャッツクローがヒーロー成分。たるみ、むくみに効く

バニラとイランイランの香り。不純物を取り除いてくれる。

クリームはぶどう種子油、ザクロが入っている。活性酸素を取り除く。

 

サルビア



出典:コスメキッチン
内容量:100ml

価格:4,400円(税込)



出典:コスメキッチン
内容量:50ml

価格:4,400円(税込)

サルビアはキー成分がセージ。

マルティナのブランドの創設者のマルティナさんがホームドクターに処方してもらったクリームも

ラノリンとセージが入っているものだったそう。

肌を引き締めたり、鎮静、デトックスの効果があるので、

夏につかったり、オイリーや混合肌の人も使うことができる。

スポンサーリンク



 

マルティナのスキンケアを使い始める時の注意点やポイント

・生理前スタートは避ける

生理が始まってから3〜5日目に始めるとお肌がきれいになる時、安定している時なので良い

・マルティナのクリームまでスキンケアをする場合、15分ほど経ってからメイクや日焼け止めを塗る。

マルティナのクリームはこっくりしている。有効成分が肌の中に浸透していってから

メイクや日焼け止めを塗るほうが良い。もしメイクする前にテカリやヨレが気になる場合は

ベースメイク前に軽くティッシュで抑えても良い。

・ライン使いする場合、オイルは使わなくてOK

マルティナにはフェイスオイル等は元々ないが、マルティナをフルラインつかってスキンケアすれば

オイルは使わなくとも、保湿は十分。

どうしてもオイルを使いたい場合は天然100%のものを選ぶのが良い。

・油分の多いクリームを使うと白ニキビができる

その場合は、日中クリームをつかっていなかった人か、日中の乾燥がひどい人。

クリームを少しでも使うようにすると白ニキビはできなくなる。

・最初にラインでそろえられないけど、マルティナをつかってみたいという方はクレンジングとクリームから

美肌の基本、スキンコンディションの70%はクレンジング。

今の肌を作るのはクリームと言われていて、クリームにのみラノリンが入っているのでおすすめ。

・クリームがおもたい、肌に入っていかない

このタイプの人はまだお肌が薄かったり、肌にまだ受け取れる力がない場合が多いので

まずはクレンジングで肌を太らせることから始める。

 

 

マルティナ前半戦はいかがでしたでしょうか?

後半では、マルティナのスペシャルスキンケアアイテム編を書こうと思います。
ママでもきれいでいたいのだ!ということで

頑張っていきましょー(^o^)/

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です