ママでもキレイでいたいのだ

リニューアルされたtrilogy(トリロジー)のスキンケアをライン使いしたら、ハリ感のあるヘルシースキンを作ってくれました

こんにちは(^^)

今日は、リニューアルされたtrilogy(トリロジー)のスキンケアをライン使いしたら、ハリ感のあるヘルシースキンを作ってくれましたについてです。

私はとてもマルティナというブランドのスキンケアを愛用していて、いつもラインで常備していたのですが、

コロナの影響なのかタイミングなのか一時期手に入らない時がありまして、そこで少し気分転換も兼ねていろいろなスキンケアを試してみたくなりました。

いくつかお試ししたのですが、今回はその中でもリニューアルされたトリロジーの製品をラインで使って見たのでご紹介したいと思います。

trilogy(トリロジー)とは

トリロジーは2002年にできたニュージーランドのスキンケアブランド。ブランド名は三部作を意味し、「Simple、Pure、Vital」がテーマ。

ローズヒップオイルを中心とした商品展開でスタートし、現在は40を超える製品を20カ国以上で販売。

自然由来の製品にこだわりながら、効果を感じるスキンケアづくりをしている。

オーガニック認証のネイトゥルーを取得していて、環境や社会を良くする活動にも力を入れている企業です。

トリロジーHP

出典:trilogy(トリロジー)

trilogy(トリロジー)の購入品

トリロジー製品

今回は4つの製品を購入してみました。

左から、クレンジング クリーム、ハイドレーティング ミスト トナー、アロマティック RH オイル、バイタル モイスチュアライジング クリームです。

トリロジー製品2

デザインもとても素敵です。

trilogy(トリロジー)の製品を使ってみて

クレンジング クリーム

トリロジークレンジング

クレンジングクリームはすごく前ですが使ったことはあったのですが、かなり前だったので忘れてしまっていて、今回使ってみてとても驚きました!

何に驚いたかというと、クリームの質感です。

トリロジークレンジング

出典:trilogy(トリロジー)

この画像からは想像もできないくらいに濃厚なクリームで驚きました。

ここ最近で使ったクレンジングの中ではもっともこっくりしたクリームで、肌に広げた瞬間に肌に密着するかのような質感です。

私は夜のクレンジングの他にも朝にもミルククレンジングをするのに使っていましたが、香りもとても良く、使い終わったあとには肌が柔らかくなるのを感じました。

W洗顔は不要で、洗い上がりの落ちてない感やぬるつきなどはなく、刺激などもないのでどんな肌タイプの方も使えると思います。

オーガニック認定ローズヒップオイルを配合していて濃厚な質感なので、特に乾燥するシーズンに良さそうだと思いました。

容量としては、公式サイトで200ml(1回あたり3~4プッシュ:500円玉の大きさ/朝夜の使用で約1ヶ月半)とのことでしたが、個人的には朝は2プッシュ、夜は4〜5プッシュを目処に使い、1ヶ月半くらい使用できました。

ハイドレーティング ミスト トナー

クレンジングトナー

ローズオイルの心地良い香りが広がるミストトナー。

ゼラニウムオイル(ニオイテンジクアオイ油)が肌荒れを防ぎ、アロエベラ液汁が肌に潤いを与えます

マルティナの化粧水もそうですが、さっぱりした化粧水です。

次に使う製品の浸透を良くする肌を整える役割で、一般的に化粧水で保湿を担うようなタイプの製品ではないことをわかった上で使うといいと思います。

日本では化粧水に保湿の機能を求める人が多く、とろとろしたものや保湿成分が多く入っているような製品が多いと思うのですが(よくその他の化粧水の商品レビューでも保湿されないと書いている方もお見かけするのですが)その化粧水がどんな役割なのかということを知って使うということは結構大事かなと思います

私もすごく昔はとろとろした化粧水や、なんなら肌がペタペタするような化粧水を使って保湿できたと思っていた時もあるのですが、表面だけがもちっと保湿されたような気になっていて、根本の肌質はなんだか乾燥する、、、みたいな時もありました。今では肌質も乾燥肌ではなくなり、化粧水はペタペタするようなものよりも、さっぱりめの方が好みになりました。

もちろんとろみがあるようなすべての化粧水を否定しているというわけでなく、その化粧水の役割をきちんと知った上で使う、その上で自分に合う・合わないや、好みの香りや使用感などを見つけていくのがいいと思います。

このトリロジーの化粧水は整えるという、次のオイルや美容液を迎える準備をしてくれる製品としては、とても使い心地や香りが良かったです。

マルティナの化粧水などはよりさっぱりした成分ですが(より次の製品の浸透を良くする・整えるに振り切っている印象)、トリロジーのものはオイルも配合されているので、もう少し保湿されるような印象です。ここは他の製品との相性や好みにもよるかなと思います。

アロマティック RH オイル

トリロジーオイル

トリロジーの看板商品であるローズヒップオイルは、22秒に1つ売れていると言われているのですが、中には匂いが好きではないという方がいらっしゃるというそうです。

なので今回は、大人気のトリロジー ローズヒップ オイルにオリジナルフレグランスを配合したアロマティック ローズヒップオイルをチョイスしてみました。

オリジナルフレグランスは、ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンスの香りだそうです。私はスキンケアの時間は香りも大事にしたいタイプで、好きな香りの配合だなと思い、アロマティックのほうのローズヒップオイルにしました。

トリロジーのローズヒップオイルは、皮膚の健康に不可欠な必須脂肪酸(EFA)をボトルの80%以上含んでいるそうで、効能としても期待できる製品かと思います。

お値段的にも少し高いかなと思いましたが、使用には2〜4滴とのことで、かなり持ちがいいです。ライン使いして1番早くなくなったクレンジングやクリームに対して、このアロマティックローズヒップオイルは約半分くらいの量が残っていました。公式サイトでの容量の目安としても、45ml(1回あたり2~4滴/朝夜の使用で約4~4.5ヶ月)とのことだったので、ご参考までに。

使用感としては、べたつくほどでもないのですが、さらさらのオイルという程でもないので、程よい保湿感を感じられるのではないかと思います。2〜4滴でもミストのあとに塗り拡げることで浸透されていくのを感じられると思います。

私個人としては、効果としては保湿はもちろん、”ハリ”が1番感じられたかなと思います。

お風呂でのオイルマスクにもできるそうで、マッサージしたら気持ち良いだろうなと思うので、お試ししてみようと思います。

私はアロマティクのほうが良かったので45mlのサイズしかなかったんですが、通常のローズヒッピオイルの方であれば20mlのサイズのほうがあるので、お好みで選ばれるといいと思います。

バイタル モイスチュアライジング クリーム

トリロジークリーム

とっても素敵なスパチュラがついていたこちらは、デイ&ナイトクリーム。スパチュラがついているので、衛生的です。

朝晩使える、クリームの中でも水々しい軽めのテクスチャー。

トリロジークリーム

出典:trilogy(トリロジー)

こちらはオーガニック認定ローズヒップオイルや、ロザピン™というエイジングケアを目指す方におすすめのトリロジーオリジナルブレンド成分も配合されています。

油分が多すぎず伸びも良いので、暑い季節や朝のお化粧前にも使いやすく、とても使用感の良いクリームでした。

香りも強すぎないので、どなたも使いやすいのではないかなという印象でした。冬のシーズンや夜の使用で保湿に物足りなさを感じる方は、最後に全顔、または部分的にバームを使用するといいかもしれません。

トリロジーバーム

出典:trilogy(トリロジー)

 

おまけ

trilogy(トリロジー)のパッケージリニューアルに伴い、トリロジーの化粧箱は全て環境負荷低減を目的としたPEFC森林認証済みの紙資材を用いて作られてるそうです。

そのパッケージの佇まいはとても美しく、しかもパッケージを開けたところにこんなメッセージのような文言もあったりして、とても遊び心があります。

パッケージ1 パッケージ3

輸送時の衝撃などにより、化粧箱の角や側面にへこみ等ができても商品自体には問題がないため良品としての出荷となるそうです。

持続可能な社会、環境への取り組みとして素敵なパッケージリニューアルだと思うので、この辺は消費者側もきちんと理解しておくことがより良い社会へとつながるかなと思います。

最後に

今回とても久しぶりにトリロジーの製品を使い、しかもラインでのお試しをしたのですが、とても良い製品、良い企業であることを実感しました。

製品や企業として知れば知るほど、愛を感じるというか、自分のことも大事にスキンケアしたくなる感じでした。

もちろん肌も保湿は含め、機能・効能的にも十分効果を発揮してくれて、ハリ感のある健康的な肌を作ってくれる素晴らしいスキンケアだと思いました。

商品を購入検討される場合は、トリロジーの公式通販サイトfavo style だとセットで購入する際に1回限り通常よりも4,000円程お安く購入することも可能です。

トリロジー公式

 

出典:favo style 

あとは、cosmekitchenさんでも正規品のお取り扱いになるので、ポイントアップやキャンペーン等を利用したりして購入したりもおすすめです。

私は最近自分で海外のスキンケア製品を個人輸入してみたりもしたので、今度その内容も記事にできたらいいなと思っています。

ママでもキレイでいたいのだ!とうことで、頑張っていきましょー(^o^)/

mamakire

EDITORmamakire

8歳(娘)と6歳(息子)のママです。

このブログは「ママでも素敵で可愛くいたい」をコンセプトに、ママにおすすめのスキンケアやオーガニックコスメ・マタニティグッズ・子育てに役立つ情報を発信。

私の詳しいプロフィールはこちらです。

PICK UP