拭き取り、ポイントメイク落としにBIODERMA(ビオデルマ)のクレンジングウォーターが使える!

拭き取り、ポイントメイク落としにBIODERMA(ビオデルマ)のクレンジングウォーターが使える!


こんにちは(^^)

今日はBIODERMA(ビオデルマ)のクレンジングウォーターについて。

ビオデルマ

ビオデルマってどんなブランド?

フランスで皮膚科医たちに信頼され、推奨されている

低刺激なのに、高機能なスキンケアブランドとされています。

敏感肌の人にも使える処方で、現在は世界約70か国で愛用されているそう。

詳しくはビオデルマ公式HP

スポンサーリンク



ビオデルマのクレンジングウォーターとは

フランスの拭き取り文化

まず大前提として、日本とフランスだと、美容という面において水や洗顔に対する文化が全然違います!!

フランスは日本より乾燥しているところが多く、なんといっても水が硬水なんです!

硬水はミネラル分が多く、お肌にはよろしくないそう、、、

それで、フランスでは基本的に朝の洗顔なんかもしないようで拭き取りがベースのスキンケアが多いんです。

化粧水も保湿するためというよりは、”肌表面の汚れをふき取る”という目的なものがほとんど。

というか、こんなにも化粧水たっぷりつけようみたいな文化は日本だけみたいですね。

サンシビオエイチツーオーDの使い方

私が使っているのは、敏感肌用のもの。乾いた肌に使います。

使い方は簡単で、コットンにたっぷり出して、やさしくふき取るだけ!

ビオデルマ使い方

出典:ビオデルマ公式HP

公式HPによると、洗い流しは不要で、朝の洗顔にも使えるとのこと。

なんですが!!私は朝の洗顔にはおすすめしません(´・ω・`)

上記にも書いたんですが、フランスは風土的にそういう使い方をしているだけで

日本人は朝は普通に洗顔した方がいいと思うからです。

私個人は今は基本的に夜のみの使用で、目元をしっかりめにメイクした時のみ、

ポイント用リムーバーとして使っています。

あと、お化粧しているときに目元のメイクをお直しするのに、綿棒などにつけて

部分的にオフするなんて使い方もしています。

スポンサーリンク



なぜビオデルマのクレンジングウォーターを使っているのか

理由としては、やっぱりするっと落ちやすいから!!!

お風呂で洗浄力の弱いクレンジングだと、目元のメイクがしっかりの日は落ち切らなかったり、

目の下が黒くなってこすらないといけなくなっちゃう。

でも基本的には目元以外の肌は落ちやすいもの使ってるので、クリームなどのやさしいクレンジングが使いたい、、、

という矛盾から、目元だけ先にさっと落としてお風呂に入るという感じに。

界面活性剤はやはり入っているので、これは好き嫌いというか、

どこまで許せるかだと思うんですが、私は短時間で部分的に使うだけなら

お風呂で何回もクレンジング剤をつけて皮膚をこするより良いという判断になりました!

ビオデルマのクレンジングウォーターの使用感

するっと落ちるんですが、刺激はまったくなく、本当に水のような感じ

敏感肌の人も使えるというのもわかります。

私は何年も前にモデルさんで使っている方が多かったので購入してから、

買ったり、買わなかったりですが、昔学生の時や仕事が忙しかったときは常備してました。

今はないけど、夜遅くに帰宅して寝落ちすることってないですか?(笑)

そういう時に、メイクだけは落として寝たくて、でも洗面台に行って顔を洗う気力すらないみたいな、

そんな時にこのクレンジングウォーターで拭き取って数時間爆睡して朝方目が覚めてお風呂みたいな

若い時には、こんなこともありました(;´Д`)

でも肌トラブルはなかったので、どうしてもの時は使えるアイテムだと思います。

出来れば、きちんとクレンジングしてスキンケアが1番だと思いますが。

商品のラインナップは、敏感肌用、皮脂・混合肌用、水分不足肌用の3種類です。

ビオデルマラインナップ

出典:ビオデルマ公式HP

並行輸入品なら楽天やネット購入が安いですが、LOFTやバラエティショップでも

お目にかかれるので、一度商品を見てみてから購入するといいかと思います!

サイズも100ミリ、250ミリ、500ミリとあるので、小さいサイズでお試しされるのもいいかもしれません!

 

ママでもキレイでいたいのだ!ということで

頑張っていきましょー(^O^)/

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です